FC2ブログ
物語をつけたアクセサリーを製作しています。 ただ一つの世界を楽しんでください。(旧・日常の小部屋)
土曜日に、Petales du coeurさんで行われた万華鏡アートワーク教室に参加してきました。
講師はヴィジョンボードでお世話になった愛呼さん
ようこそ!山口へ!!

万華鏡の色は、チャクラの色にも対応しているそうです。
CIMG5224.jpg

ひとつひとつ、中を覗いては回します。
粘度の高い液体の中を流れるビーズや天然石たちは、その時にしか出会えない一期一会の曼荼羅のようでした。

この日は、ボイジャータロットをひかせていただいて、この日を迎えた意味・この日のテーマなどを教えていただきました。
私が引いたのは左。
娘は右。

CIMG5227.jpg


娘は、右脳と左脳のバランスがいいそうです。
頭の中にあるものを、外に出していく事が出来るタイプだと教えていただきました。
なるほど!確かに娘はそんな感じ!!

私がひいたのは、過去から未来を一気に旅するカードだそうです。
「もしかしたら、今回のワークでトラウマを開放されたりするかもね」ってアドバイスももらいました。


リアルの私をご存知の方はおわかりかもしれませんが。私は緑が大好きです。
濃いものから、パステルカラーまで、緑に癒されちゃいます。
この日も、「緑選んじゃうかな~」って思ってたのに、気になる色は黄色でした。
選んだ本人もびっくり!!

沢山ある大小・形も様々なビーズやスパンコール・天然石から選び自分の万華鏡を作ります。
CIMG5228.jpg


ひまわりみたいなイメージでビーズや天然石を、小さな入れ物に詰めていきます。
ひとつ入れてはひとつ出し、そして覗いて回して自分の求める色に近づけます。
背景が黒なのも、めずらしいですよ。
お店で売ってあるものなどは、クリアが多いですものね。

今まで作ってきたのは、プラスチック製のミラーだったので、今回始めてガラスの鏡を使用して作りました。
両方あるからわかるのですが、色の出方がまったく違います!!
ガラス製の方が、ビーズたちの表情がくっきり見えます!
高級感が増し増しです。


中でくるくる変わる模様を見て、小さな頃に戻った気分になります。
わくわくするんです。
これだと思った色があまり合わなかったり、う~んって思っていた形がいい感じになったり。
色んな形の集合体は、まるでそこが世界の縮図のようにすら思えてきます。

世界でひとつだけ。
自分の求める世界。
くるくると、一緒に参加した娘と中を覗いて「綺麗ね~」を連発してました。



出来上がった私の万華鏡vv

CIMG5241.jpg

写真は、愛呼さんが用意してくださった写真を使わせていただきました。


太陽がどの位置から当たるかでも表情がまったく変わります。

CIMG5274.jpg

ひまわりなイメージだったのですが、とってもかわいいたんぽぽみたいになりました。
そして、何だか和菓子みたいな色合いに。


電球や蛍光灯の下では妖艶な表情をみせます。

CIMG5278.jpg

花魁ちっくだと思いました。

nanaさんは宇宙の様に広大なイメージに仕上がってます。
ラメが銀河系の渦のよう。

CIMG5275.jpg



この日は、山口市から参加された方の万華鏡。

CIMG5276.jpg

ちょっと光で飛んでしまいましたが、落ち着いた色合いのピンクで「梅の花が咲く庭園みたいね~」って盛り上がりました。


この日は美人さんに囲まれて、私ももっと女子力あげないとなって感じました。
美人さんに囲まれるって幸せvv


nanaさんに、出来上がった私の万華鏡のカラーってどんな感じ??って聞いたみたら、ボトルのハーベストっぽいって教えてくれました。
はあべすと??
英語の弱い私は「??」が浮かびましたが、もう一人の方が「収穫よ」と教えてくれました。

「収穫!!」
その日、シャドウ&ライトをひいて、かぼちゃ畑のオバケのカードが出たんです。
全体的な意味は、とり忘れているものを収穫する。

ここでもシンクロです。
スポンサーサイト





追記を閉じる▲
nanaさんに、出来上がった私の万華鏡のカラーってどんな感じ??って聞いたみたら、ボトルのハーベストっぽいって教えてくれました。
はあべすと??
英語の弱い私は「??」が浮かびましたが、もう一人の方が「収穫よ」と教えてくれました。

「収穫!!」
その日、シャドウ&ライトをひいて、かぼちゃ畑のオバケのカードが出たんです。
全体的な意味は、とり忘れているものを収穫する。

ここでもシンクロです。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

【2012/05/14 23:55】 | お気に入り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック