物語をつけたアクセサリーを製作しています。 ただ一つの世界を楽しんでください。(旧・日常の小部屋)
mixiユーザーの私。
先日、「ヤシマ作戦」のコミュにも参加しました。
中では、いろいろトピックスが立っているのですが、その中に「被災者からのメッセージ」というトピがあります。
現場にいる人だけではなく、「巡った日記で見た現場の声をこのトピの人にも知って欲しい」と他の方の書かれた日記へのリンクを貼っていたりします。

リンクを辿って読んだ現状は、悲惨という言葉では語れないないようでした。
TVでみている事が、氷山の一角のその頂点である事がわかります。

私は、記事を見て泣きました。怒りを覚えました。
節電がんばろ~と意気込んではみたけど、今それが何の役にも立たないと打ちひしがれる思いです。
(でも、節電は止めません。決めたことなので)
mixiユーザーの方には、ぜひトピの全文を読んでいただきたいです。
「遠い山口にいて、この現状を知って私たちに何が出来るの??知ったとこでムダでしょ?」
と思う方もいらっしゃると思います。

今出来る事はないかもしれませんが、「知る」事は出来ると思います。
今を知りたい!と言う方だけ、リンクを辿って見て見てください。


トピ内のリンク先のユーザー様から、書かれた日記の内容を転機しても良いという有り難いお返事をいただきました。
ユーザー様だけではなく、同僚の方から聴いたお話もされています。
これも、ユーザー様の周りで起こる被災地の一部の現状です。
内容は衝撃的です。
物見遊山な気持ちで見ると、心が折れます。
覚悟の上読んでください。









幼稚園児が『ニンテンドー3DS』の購入を我慢して被災地に寄付
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1537632&media_id=85

ありがとう
本当に、ありがとう

アタシは、被災地福島に住んでます
自宅は原発所から50キロくらいで、仕事先は45キロの場所にあります
隣町はすでに避難区域に入ってます

仕事先のある町は避難所になってて
難民の方がよく食べに来るんだけど
聞いてて酷いよ

災害の話は聞くに耐えない話ばかり
涙浮かべて話す人もいる
けど、きっと話したいんだろうね
話さないと、辛すぎるんだと思う


食べに来た人
3日食べてない人とかもいる
避難所におにぎりとか配られたんだって
で、黒い点々が付いてたみたい
それを海苔だと思って食べたら
カビだった

ご飯も糸ひくやつとかあるみたい

冷たいご飯なら我慢できるけど、腐ったご飯は食えたものじゃないって


避難所の人は
暖かいご飯と暖かいお茶が飲めれば
それだけで幸せって言ってた


あと
靴下ボロボロになって寒いから
今履いてるのでいいから貰えませんか?
って聞いてきた人もいたみたいで
たまたま新品の靴下あったからあげたら
500円渡されたみたい。震える手で。
いりません。あげますって返したら、追いかけてきて
受け取ってください!って言われたみたい
だから
これからもっと大変になるだろうから、お金は大切にしてくださいって返したらしい
で、その人は泣きながら
では、このお店かアナタの名前の入ったものをいただけませんか?って
だから名刺渡したら靴下と一緒に大切そうに抱えて
今日のことは絶対忘れません!本当にありがとうございます!いつか、いつか必ずまた来てお礼を言います!
って何度も何度もありがとうって言ったみたい


これが難民さんたちの現実だよ
避難所はいっぱいで追い返され
銭湯も受け付けいっぱいではいれない
支援物資なんかいつ届くかわからない
お湯なんか無い


難民さん以外の人も大変だよ

人がいっぱい買い溜めするから何も買えない
ガソリン無いから逃げられない

そして人の目
避難区域近いからって
放射能濃いから話しちゃダメだとか
○○町の人だから近づくなとか
後ろ指指されたりとか

頑張って生きてるのに
生き延びたいのに
こういう心無い人達のせいで傷つく


アタシはけっこう平気
ただ、断水だから
お風呂借りるためにいろんな家を転々としてる

灯油も売り切れが続いて
氷点下の中、家の中も寒い
ガソリン節約のため暖房は切ってる



被災地以外の方
お願いします

あまり買い溜めなどしないでください

スーパーは品切れのため午前中で閉まります
明日食べるのあるか不安な毎日です

寄付だけが救われる為の行為ではありません。
心をください。暖かさを感じさせてください。
泣きながら食べるお客さんはもう見たくありません
車の中で上着羽織って寝る人もいます
昨日は雪が降りました。氷点下です。東北は寒いです。




金持ちの五万円より
幼稚園児の五千円の方が
涙出るほど嬉しい











辿った日記は、どれも悲しくなります。
放射能の事で、差別されるのはもう始まってるみたいです。
他の日記でも見ました。
(許可いただいてないので、内容転機できませんが、トピ内のリンクから読めます)
そして、その差別はずっと続くんです。
今、子供・赤ちゃんたちが年を取って死ぬまで。。。
どうか、風評のために傷つく人がこれ以上増えませんように。

義援金、参加してますが、それはこれからも続けていきたいです。
矛盾してますか?そうですよね。
遠く離れた山口県で、すぐに手を貸す事が出来なくて、この時間生きる事が精一杯の人たちにとっては無駄な事かもしれない。
でも、きっと今を生き抜いた人たちには必ず必要になってくるものだと思っているから。
今、助けられなくてごめんなさい。
涙が出ます。

このブログの掲載許可のメッセージをいただきました。
mixiの日記を書かれてからのその後を教えてくださいました。
ご本人も日記に書かれていない内容を教えてくださいました。
ご本人も
「一番衝撃的だったので、ブログへ掲載するかしないかは任せます」
と書かれていました。

迷いました。
大変だとわかっていても、被災もしていないで被害もないこの近辺。
この内容耐えれるの??
これを掲載して、「これ載せるって、どういう神経?」って思われることもあると思います。
私が無神経なのかもしれません。
この内容も上記のトピも、一人で抱えるには大きすぎて、吐き出しておかないと立ち直れそうもありません。
これを共有する覚悟のある方だけ読んで下さい。
記事は白抜きにしてあります。

何事も変わらないこの地に住んで、起きてもいない事に不安になり、被災地に送るためではなく自宅へ溜め込むための買占めをしている人たちは、この記事をどう見るのでしょうか。




日記には書いていない現状を一つお伝えいたします。
私自信、一番衝撃的でしたので、このことをブログに載せるか載せないかの判断はおまかせいたします。
これも、仕事先でお客さんが話していたことです
ニュースに流れているようなことですが

両親と小学生くらいの子供が食事しに来ました。
その家族はつい先日まで3兄弟だったそうです。
食べに来た小学生には、中学生の姉が二人いました。
だけど、その姉二人は、津波にのまれ還らぬ人に…。

ここまででしたらそこまで衝撃を受けないのですが
両親は町から逃げるときに見たそうです。

道端に倒れる我が子を…。

自分の子を置いて逃げたそうです。

生きていないとわかっていても、名前を呼び続け、謝り続けたそうです。
自分に置き換えて考えてみました。
胸が張り裂ける。そんな言葉では伝えきれません。

そこまで
決死の覚悟をしている難民の方もいるので
差別が酷く苦しいです。
人がこわいです。

どうか、広めてください。
小さい範囲でも構いません。

よろしくお願いします。





スポンサーサイト


追記を閉じる▲
このブログの掲載許可のメッセージをいただきました。
mixiの日記を書かれてからのその後を教えてくださいました。
ご本人も日記に書かれていない内容を教えてくださいました。
ご本人も
「一番衝撃的だったので、ブログへ掲載するかしないかは任せます」
と書かれていました。

迷いました。
大変だとわかっていても、被災もしていないで被害もないこの近辺。
この内容耐えれるの??
これを掲載して、「これ載せるって、どういう神経?」って思われることもあると思います。
私が無神経なのかもしれません。
この内容も上記のトピも、一人で抱えるには大きすぎて、吐き出しておかないと立ち直れそうもありません。
これを共有する覚悟のある方だけ読んで下さい。
記事は白抜きにしてあります。

何事も変わらないこの地に住んで、起きてもいない事に不安になり、被災地に送るためではなく自宅へ溜め込むための買占めをしている人たちは、この記事をどう見るのでしょうか。




日記には書いていない現状を一つお伝えいたします。
私自信、一番衝撃的でしたので、このことをブログに載せるか載せないかの判断はおまかせいたします。
これも、仕事先でお客さんが話していたことです
ニュースに流れているようなことですが

両親と小学生くらいの子供が食事しに来ました。
その家族はつい先日まで3兄弟だったそうです。
食べに来た小学生には、中学生の姉が二人いました。
だけど、その姉二人は、津波にのまれ還らぬ人に…。

ここまででしたらそこまで衝撃を受けないのですが
両親は町から逃げるときに見たそうです。

道端に倒れる我が子を…。

自分の子を置いて逃げたそうです。

生きていないとわかっていても、名前を呼び続け、謝り続けたそうです。
自分に置き換えて考えてみました。
胸が張り裂ける。そんな言葉では伝えきれません。

そこまで
決死の覚悟をしている難民の方もいるので
差別が酷く苦しいです。
人がこわいです。

どうか、広めてください。
小さい範囲でも構いません。

よろしくお願いします。





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース

【2011/03/19 17:51】 | 生活
トラックバック(1) |

お返事
たつき
rararaさんへ
お返事が遅くなってしまってすみません。。。
私も、同じ気持ちを持ってくれている人に出会えてうれしいです。
「がんばれ!」って、自分自身には結構使います。
発破かけないと、アクションが起こせないタイプなので。。。

私も、娘の笑顔が見れるように、今週は頑張りました。
その様子は、また記事にでもしたいと思います。
また、ブログへ遊びにきてください。



No title
rarara
たつきさん
私と同じ様に感じていらっしゃって、上手く表現できないけどうれしいなと思いました。
頑張ってる人に頑張れって言えない・・・
この言葉 私友人に言われて すごくうれしかったんです。
壊れてしまいそうな時、ちゃんと自分の事 見てくれて応援してくれてるんだなっ と。
まずは一人息子の心を大事に育てる事を心がけたいと思ってます。






お返事
たつき
rararaさんへ
コメントありがとうございます。
生活と現実の矛盾。
私だけではなく、私の周りの友達や義理の両親も抱えていました。
みんな同じ答え。
「笑ってていいの?楽しんでいいの?」
笑っていると、楽しんでいると、自分がすごく嫌な奴にも思えてきます。

毎日はいつも通り過ぎていくけど、いつもと違う毎日です。
でも、娘が笑ってパパが笑って、それが私の元気の元です。
心を痛める事があっても、二人の笑顔が家族の所へ心を引き戻してくれます。
毎日パパとは被災地の話をします。
政治家にも憤ってみたりもします。
それでも、私の生活の基盤はこの家族。
一番身近な家族を幸せに出来なくなっては、元も子もありません。
これからも、家族の笑顔が毎日見られるよう頑張ります。
そして、今出来る事もがんばります。


ストレスも限界にきて、避難所ではケンカが起こることもあるといいます。
現地に行けない私が、現地の人の苦しみの全てはわからないけど。。。
被災地で頑張ってる人のこと、忘れてないよって伝わればいいのになと思います。

いろんな土地で、受け入れ可能な所が広まってますね。
一刻も早く、被災地の皆さんが各地へ非難できるようにと祈るばかりです。

もし、近くで非難されて来た人がいたら、「今、困ってる事なんですか?」と接したいです。
命をかけて生きている人に、「頑張れ」なんて言えません。
だって、もう十分頑張ってるから。


rararaさんも、お優しい方ですね。
コメントを読ませていただいて、「ああ、そうだな」と気づかされましたよ。
ありがとうございました。
rararaさんの明日も、笑顔溢れる日でありますように。









No title
rarara
現実を受け入れる事、細かい気配り、心の内を聴く事大事だと思います。
私は子育ての中でこの事を経験しました。
側から見れば何でもない事に深く傷ついたり、何でもない事に感動し喜んだり・・・。
時間と共に解決してくれる事
周りの暖かい心で救われる事
自分自身の少しの勇気と生きる力。
困難を乗り越えるには目に見えない力も大切ですよねっ。
私も何かしなきゃと言う気持ちと同時にドラマ見て笑ったりと矛盾してます。
自分の痛みとして受けとめてない証拠でしょうか?
ガソリン給油やお買い物は最小限に。
お野菜はお家産(出来損ないですけどね)を
少しでも被災者の皆さんの元に届けばと思ってやってます。
私に出来ること・・・心にゆとりを持って生活し、充実した1日を送る事。
これが出来れば 優しい暖かい人になれるんじゃないかな?
数多いブログの中でたつきさんに出会えた事うれしく思います。


お返事
たつき
kouさんへ
おはようございます。
トラックバックありがとうございます。
私のブログも、覗いてくれる方は少数です。
現状は刻一刻と変わっていきます。
上に上げた事も、そのうち「当時」と「現状」とで差が出てくる内容です。
少ない範囲でいいんです。
一人ひとりが、心で何かを感じていただけると幸いです。
ありがとうございました。


No title
kou
夜分遅くにすみません。
勝手ながら、トラックバックなるものを引かせて頂きました。
私のブログはのぞいてくださる方が少なめなので、反響はあまり無いかもしれません。
でも、何か発信しないと!と、思わずにはいられませんでした。

お返事
たつき
kouさんへ
ありがとうございます!
コメントし辛い記事に、コメントをくださった事に感謝です。
私が、伝えたいと思っている部分も、察してくださってうれしいです。


鹿児島も、原発がありますよね。
建設はまだですが、山口県はこの建設の事で20年以上闘ってます。
便利なものは、いつも危険と隣り合わせの諸刃の剣です。
でも、それではいけない気もします。

きっと、これから「どうしてこうしなかったんですか?」とか「もっと迅速に対応できなかったんですか?」とかいう意見がメディアに出てくると思います。
安全対策やシュミレーションは必須事項ですが、命の危険があっても、現場でがんばっている人たちを非難する事があってはならないと思います。

少しずつではありますが、集団非難が始まりましたね。
この輪が、もっと広がっていく事を願います。


鹿児島の方は、歴史を振り返っても、義に厚い方が多いなと思います。
暖かい鹿児島のように、温かい人柄だなって。。。
ブログで知り合った友人が言ってました「東北の人は、忍耐強く不屈の人柄だから、きっと乗り越えてくれる!」って。
私も、そう願ってます。

コメント、ありがとうございました。



No title
kou
まず、
教えてくださって、ありがとうございました。


私はまだ本当の「親」の気持ちはわからないけれど、読んでいて涙が出てきました。

本当に無神経な方なら、これは他人事なのだと、現実を知ろうともせず、自分の心配ばかりしているはずです。

いままで平然と電気を使っておきながら、原発が危険な状態になった途端、悪いものだと決めつける。

その土地に建設するまで、建設してからもずっと、住民と施設の対立はあるようです。必要なものだけど、誰しも、自分の近くには作ってほしくない。そんなの身勝手です。

避難区域が近いから差別するだなんて、酷い。

鹿児島県にも、原発はあります。とても他人事とは思えない。

差別するなんて、信じられないよ・・・

できることなら、みんな鹿児島に連れてきたい。おせっかいで、おしゃべりで、温かい人いっぱいいるから。


震災に遭った人たちは強くなる。きっと、世界を動かすような人になる。

被災された方々が、「生きている方が地獄だ」と感じないような状況に、早くなりますように。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お返事
rararaさんへ
お返事が遅くなってしまってすみません。。。
私も、同じ気持ちを持ってくれている人に出会えてうれしいです。
「がんばれ!」って、自分自身には結構使います。
発破かけないと、アクションが起こせないタイプなので。。。

私も、娘の笑顔が見れるように、今週は頑張りました。
その様子は、また記事にでもしたいと思います。
また、ブログへ遊びにきてください。

2011/03/25(Fri) 17:40 | URL  | たつき #I4FKdcM2[ 編集]
No title
たつきさん
私と同じ様に感じていらっしゃって、上手く表現できないけどうれしいなと思いました。
頑張ってる人に頑張れって言えない・・・
この言葉 私友人に言われて すごくうれしかったんです。
壊れてしまいそうな時、ちゃんと自分の事 見てくれて応援してくれてるんだなっ と。
まずは一人息子の心を大事に育てる事を心がけたいと思ってます。




2011/03/23(Wed) 21:08 | URL  | rarara #-[ 編集]
お返事
rararaさんへ
コメントありがとうございます。
生活と現実の矛盾。
私だけではなく、私の周りの友達や義理の両親も抱えていました。
みんな同じ答え。
「笑ってていいの?楽しんでいいの?」
笑っていると、楽しんでいると、自分がすごく嫌な奴にも思えてきます。

毎日はいつも通り過ぎていくけど、いつもと違う毎日です。
でも、娘が笑ってパパが笑って、それが私の元気の元です。
心を痛める事があっても、二人の笑顔が家族の所へ心を引き戻してくれます。
毎日パパとは被災地の話をします。
政治家にも憤ってみたりもします。
それでも、私の生活の基盤はこの家族。
一番身近な家族を幸せに出来なくなっては、元も子もありません。
これからも、家族の笑顔が毎日見られるよう頑張ります。
そして、今出来る事もがんばります。


ストレスも限界にきて、避難所ではケンカが起こることもあるといいます。
現地に行けない私が、現地の人の苦しみの全てはわからないけど。。。
被災地で頑張ってる人のこと、忘れてないよって伝わればいいのになと思います。

いろんな土地で、受け入れ可能な所が広まってますね。
一刻も早く、被災地の皆さんが各地へ非難できるようにと祈るばかりです。

もし、近くで非難されて来た人がいたら、「今、困ってる事なんですか?」と接したいです。
命をかけて生きている人に、「頑張れ」なんて言えません。
だって、もう十分頑張ってるから。


rararaさんも、お優しい方ですね。
コメントを読ませていただいて、「ああ、そうだな」と気づかされましたよ。
ありがとうございました。
rararaさんの明日も、笑顔溢れる日でありますように。







2011/03/22(Tue) 23:17 | URL  | たつき #I4FKdcM2[ 編集]
No title
現実を受け入れる事、細かい気配り、心の内を聴く事大事だと思います。
私は子育ての中でこの事を経験しました。
側から見れば何でもない事に深く傷ついたり、何でもない事に感動し喜んだり・・・。
時間と共に解決してくれる事
周りの暖かい心で救われる事
自分自身の少しの勇気と生きる力。
困難を乗り越えるには目に見えない力も大切ですよねっ。
私も何かしなきゃと言う気持ちと同時にドラマ見て笑ったりと矛盾してます。
自分の痛みとして受けとめてない証拠でしょうか?
ガソリン給油やお買い物は最小限に。
お野菜はお家産(出来損ないですけどね)を
少しでも被災者の皆さんの元に届けばと思ってやってます。
私に出来ること・・・心にゆとりを持って生活し、充実した1日を送る事。
これが出来れば 優しい暖かい人になれるんじゃないかな?
数多いブログの中でたつきさんに出会えた事うれしく思います。
2011/03/22(Tue) 13:10 | URL  | rarara #-[ 編集]
お返事
kouさんへ
おはようございます。
トラックバックありがとうございます。
私のブログも、覗いてくれる方は少数です。
現状は刻一刻と変わっていきます。
上に上げた事も、そのうち「当時」と「現状」とで差が出てくる内容です。
少ない範囲でいいんです。
一人ひとりが、心で何かを感じていただけると幸いです。
ありがとうございました。
2011/03/20(Sun) 07:16 | URL  | たつき #I4FKdcM2[ 編集]
No title
夜分遅くにすみません。
勝手ながら、トラックバックなるものを引かせて頂きました。
私のブログはのぞいてくださる方が少なめなので、反響はあまり無いかもしれません。
でも、何か発信しないと!と、思わずにはいられませんでした。
2011/03/20(Sun) 00:27 | URL  | kou #-[ 編集]
お返事
kouさんへ
ありがとうございます!
コメントし辛い記事に、コメントをくださった事に感謝です。
私が、伝えたいと思っている部分も、察してくださってうれしいです。


鹿児島も、原発がありますよね。
建設はまだですが、山口県はこの建設の事で20年以上闘ってます。
便利なものは、いつも危険と隣り合わせの諸刃の剣です。
でも、それではいけない気もします。

きっと、これから「どうしてこうしなかったんですか?」とか「もっと迅速に対応できなかったんですか?」とかいう意見がメディアに出てくると思います。
安全対策やシュミレーションは必須事項ですが、命の危険があっても、現場でがんばっている人たちを非難する事があってはならないと思います。

少しずつではありますが、集団非難が始まりましたね。
この輪が、もっと広がっていく事を願います。


鹿児島の方は、歴史を振り返っても、義に厚い方が多いなと思います。
暖かい鹿児島のように、温かい人柄だなって。。。
ブログで知り合った友人が言ってました「東北の人は、忍耐強く不屈の人柄だから、きっと乗り越えてくれる!」って。
私も、そう願ってます。

コメント、ありがとうございました。

2011/03/19(Sat) 23:04 | URL  | たつき #I4FKdcM2[ 編集]
No title
まず、
教えてくださって、ありがとうございました。


私はまだ本当の「親」の気持ちはわからないけれど、読んでいて涙が出てきました。

本当に無神経な方なら、これは他人事なのだと、現実を知ろうともせず、自分の心配ばかりしているはずです。

いままで平然と電気を使っておきながら、原発が危険な状態になった途端、悪いものだと決めつける。

その土地に建設するまで、建設してからもずっと、住民と施設の対立はあるようです。必要なものだけど、誰しも、自分の近くには作ってほしくない。そんなの身勝手です。

避難区域が近いから差別するだなんて、酷い。

鹿児島県にも、原発はあります。とても他人事とは思えない。

差別するなんて、信じられないよ・・・

できることなら、みんな鹿児島に連れてきたい。おせっかいで、おしゃべりで、温かい人いっぱいいるから。


震災に遭った人たちは強くなる。きっと、世界を動かすような人になる。

被災された方々が、「生きている方が地獄だ」と感じないような状況に、早くなりますように。
2011/03/19(Sat) 22:26 | URL  | kou #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
たつきさんの ブログに、コメントを 送りました。 いま 再び見たら、早くも お返事が 届いていました。 最初は 非公開 にしようと 思っていましたが、 書き終えてから チェックを 外しました。 ...
2011/03/20(Sun) 00:16:02 |  コウのアトリエ