FC2ブログ
物語をつけたアクセサリーを製作しています。 ただ一つの世界を楽しんでください。(旧・日常の小部屋)
今日は姫の通う幼稚園でマリア祭がありました。

こども達が、マリア様にお祈りを捧げてママたちにもお歌のプレゼントをしてくれます。

姫は今年、年長さん。

心の花束という、がんばったシールを貼った飾り付けされている色画用紙を

マリア様に捧げる役をしました。

その姿を見ると、「大きくなったんだなあ」と改めて思いました。


マリア祭の後は、サビエル高校の校長先生の講演会がありました。

講演会って、結構真面目に話されていて聞いてる方も退屈になるものが

多いのですが、校長先生のお話はとても面白かったです。

真面目な話なんだけど、わかりやすいように日常の事を織り交ぜて

話されるので、聞いててとても楽しかったです。


命の話

子供の個性の話

褒める事の大切さ

親の幸せ

子供は作るものではなく授かる

などの話をされました。

「よく、『子供を作る』という言葉があるけど、それは間違いです。

子供は『作る』のではなく『授かる』んです。

作るのは『物』と一緒。

作ったものは、いずれ壊れます。

『作る』という表現をするから、殴ったり傷つけたり『物』と同じ

扱いになってしまう。

授りものだから、大切にしようという気持ちが生まれるんですよ」

というお話をしてました。


忘れがちな事ですが、改めて姫の親になれてよかったと思います。

子供は、自分の所に『来てくれた』存在なんだと、再確認しました。




次は6月の父親参観の時に講演されるそうです。

パパも、いろいろお勉強してね。


今日は午前保育だったので、年長さんたちで公園へ。

公園の一角に、秘密基地のようなスペースがあるのですが、

滞在時間のほとんどはそこで遊んでました。

かなり低い木ですが、姫も登ったり飛び降りたり、葉っぱを取ったり

木の実を探したり。

いつもなら、危ないからとやらせないのですが、今回は黙ってみてました。

意外と上手に遊んでました。

姫の違う一面を発見です。


かなり疲れたんでしょうね。

今日は布団に入ってのびたクンもびっくりな速さで、すぐに寝ました(笑)
スポンサーサイト





追記を閉じる▲
今日は午前保育だったので、年長さんたちで公園へ。

公園の一角に、秘密基地のようなスペースがあるのですが、

滞在時間のほとんどはそこで遊んでました。

かなり低い木ですが、姫も登ったり飛び降りたり、葉っぱを取ったり

木の実を探したり。

いつもなら、危ないからとやらせないのですが、今回は黙ってみてました。

意外と上手に遊んでました。

姫の違う一面を発見です。


かなり疲れたんでしょうね。

今日は布団に入ってのびたクンもびっくりな速さで、すぐに寝ました(笑)
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児

【2010/05/27 23:51】 | 姫の事
トラックバック(0) |

お返事
たつき
ミニまゆさんへ
講演、とっても良かったですよね!!
私も、いろいろ考えさせられました。
今までも大事だけど、これからも大事だなって。

公園、子供は寒さも何のその!ですよ。
親の方が寒くて、私ヒートテックを着て行きました(笑)
Aさんは、体力が有り余ってるんですよ。
ほんわかふんわかなCさんの時代が懐かしいです。


No title
ミニまゆ
昨日の講演、とってもよかったですね。話に引き込まれて、またちょっと思い出すこともあって涙が止まらなくなってしまいました。
昨日は肌寒かったけど公園で遊んだんですね。Aさんはやはりしっかりしてるなぁと感じました^^

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お返事
ミニまゆさんへ
講演、とっても良かったですよね!!
私も、いろいろ考えさせられました。
今までも大事だけど、これからも大事だなって。

公園、子供は寒さも何のその!ですよ。
親の方が寒くて、私ヒートテックを着て行きました(笑)
Aさんは、体力が有り余ってるんですよ。
ほんわかふんわかなCさんの時代が懐かしいです。
2010/05/28(Fri) 21:27 | URL  | たつき #I4FKdcM2[ 編集]
No title
昨日の講演、とってもよかったですね。話に引き込まれて、またちょっと思い出すこともあって涙が止まらなくなってしまいました。
昨日は肌寒かったけど公園で遊んだんですね。Aさんはやはりしっかりしてるなぁと感じました^^
2010/05/28(Fri) 17:36 | URL  | ミニまゆ #oNAuz44g[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック