物語をつけたアクセサリーを製作しています。 ただ一つの世界を楽しんでください。(旧・日常の小部屋)
マルプルより、イベントでのお願いが掲載されています。
ぜひ、ご一読ください。



そして私からも、イベントでの個人的なお願いがあって記事を書いてます。
この事には、賛否両論ありますし、共感もを持てないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
こんな事があったんだなという事を、心の片隅に置いていただいて、読んでいただけると嬉しく思います。


今回開場でお借りする芝生の広場ですが、お隣の館内には中庭があってボールや竹馬、フープなどで遊べるようになってます。
いつもは、ゆったりのんびりな時間の流れる中庭で小さな子達と親子の時間を大切にしながら遊べる空間なのですが、イベント当日は沢山のお客様のご来場もあり、様子が違ってきます。
春のイベント当日は、小さな子だけではなく大きな子もいて、沢山のこども達がすし詰め状態で遊んでいました。

当日は、小さなお子様の中庭の使用をなるべく避けていただければと思います。



春のイベント時に、私の娘にアクシデントがありました。
中庭で遊びたいというお願いを断れず、危なくないように少し離れた壁側でボールで姫と遊んでたのですが、使ったボールを3Mも離れてない箱へ姫が返して戻ってくる間に野球ボールほどの大きさのゴムボールが姫の左目に直撃しました。
パチンという大きな音がして、はじめは何があったかわからなかった姫もすぐに目を押さえて大泣きして座り込みました。
その後、目が赤くなったり少しだけ腫れたりもしましがた、それ以上の症状が無かったことが幸いです。


当日は、ほんとうに言葉は悪いですが無法地帯です。
離れていても、上からも横からもボールが飛んできます。
離れていれば大丈夫だろうも危ないことを身をもって知りました。

親が責任を持って遊んでいる子を見るのが当たり前なのでしょうが、一緒にいてもボールは飛んでくるし、走ってぶつかって来られたり、キックボード(今もそういうのかな?)で人の隙間を縫って疾走したりもします。


ボールをぶつけた子もわざとではないこともわかってます。
でも、わざとではなくてもいくつもの事が重なると誰かが怪我をします。
わが子が怪我をしたり危ない目に合うことも、遊びに夢中になって怪我をさせてしまうことも避けるために、なるべく子供だけでは中庭で遊ばないようにしてもらいたいなと思います。
大人が一緒にいて、遊ぶことに夢中になっている子供が危ない時のブレーキになって欲しいと思います。

会場となる芝生の広場はとっても広いです。
こちらでは、たとえ20~30人の子供たちが遊んでいても、さほど気にならない広さです。
できれば、広い所でのびのびしていただけたらと思います。


もちろん、これは私の個人的なお願いです。
このお願いが、来られた方の行動を制限することである事も確かです。
今でこそこうやってお話できてますが、当時は「ボールが目にぶつかった」という事象以外にも(その子の事ではなく)いろいろあって、それは怒りに震えるほどでした。


せっかく、楽しみに来られた所で、どちらの立場でも嫌な思いをして帰られるのはすごく残念です。
「来てよかったね、楽しかったね」と言っていただけるイベントで終わるためには、私達出品する側だけではなく、来ていただく皆さんの少しずつの思いやりも必要なのではないかと思います。


あの日、ブースで忙しくその後ろめたさもあって、中庭で遊ぶことを許してしまった自分に日々自己嫌悪してました。
あの時、「行っちゃ駄目!」と言っていれば、娘は痛い思いをしなくてよかったのではないか、せめて私がぶつかればよかったのに、とずいぶん時間がたった今でも後悔の思いでいっぱいになります。

最後まで読んでくださってありがとうございました。
この事を、書こうかどうか悩みました。
よかれと思っていることは、私の押し付けでしかないのではないかとも思いました。
でも、自分が知っていることを黙っていて、当日同じようなことがもし起こってしまえば、きっとまた後悔すると思い書きました。
すべての人が同じように思っていただけない事もわかっていますが、一人でもそんな事があったんだという事を頭にいれていただけるのであれば幸いです。

わざわざ足を運んでくださっているお客様も、自分の時間を捻出して作品を作ってくださってる作家さんも、開場をお貸しいただいてる館の皆さんも、イベントの準備を頑張ってくれたスタッフの皆さんも、当日はそんな思いをする方がいない事を願うばかりです。



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ハンドメイド雑貨*イベント - ジャンル:趣味・実用

【2009/11/06 07:10】 | 第2回マルプル
トラックバック(0) |


たつき
RISAKOさんへ
応援ありがとうございます。
ほんとに、これを書く事は悩みました。
どうやったら、押し付けでなく、感情的でなく書けるかを毎日読み返して考えました。

当日は、ほんとうに皆さんには笑顔でお帰りいただくのがベストだと思っているので・・・。
明日、がんばります!
そして、私も楽しみます。
ありがとうございました。



たつき
非コメ(9:54)さんへ
前回の事で、それまでも過保護気味だったのですが、私も拍車がかかってしまった気がします。

ほんとうに、親はただただ子どもが心配なんですよね。
この記事も、知っているのと知らないのとは大きいかなという思いもありました。
私ほど過保護にはならなくても、ちょっとだけ気を配ってもらえる方がいてもらえると嬉しく思います。
ありがとうございました。



たつき
非コメさん(8:52)さんへ
いろいろな課題は、ほんとうにイベントにはつきものですよね。

皆さんが笑顔で帰ってもらえることが一番だと思うので、起こるいろいろな事はこれからも向き合っていかないといけないなあと考えてます。

応援ありがとうございます。
明日は、頑張って私もイベントを楽しみたいと思います。



RISAKO
こんにちは。
書いてよかったと思いますよ!
こういうことを文章にするの、とても勇気がいるけど、大事なことだと思います。

「思い」、、、すごく伝わりましたよ。
きっと、いいイベントになると思います♪


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
RISAKOさんへ
応援ありがとうございます。
ほんとに、これを書く事は悩みました。
どうやったら、押し付けでなく、感情的でなく書けるかを毎日読み返して考えました。

当日は、ほんとうに皆さんには笑顔でお帰りいただくのがベストだと思っているので・・・。
明日、がんばります!
そして、私も楽しみます。
ありがとうございました。
2009/11/06(Fri) 16:45 | URL  | たつき #I4FKdcM2[ 編集]
非コメ(9:54)さんへ
前回の事で、それまでも過保護気味だったのですが、私も拍車がかかってしまった気がします。

ほんとうに、親はただただ子どもが心配なんですよね。
この記事も、知っているのと知らないのとは大きいかなという思いもありました。
私ほど過保護にはならなくても、ちょっとだけ気を配ってもらえる方がいてもらえると嬉しく思います。
ありがとうございました。
2009/11/06(Fri) 16:42 | URL  | たつき #I4FKdcM2[ 編集]
非コメさん(8:52)さんへ
いろいろな課題は、ほんとうにイベントにはつきものですよね。

皆さんが笑顔で帰ってもらえることが一番だと思うので、起こるいろいろな事はこれからも向き合っていかないといけないなあと考えてます。

応援ありがとうございます。
明日は、頑張って私もイベントを楽しみたいと思います。
2009/11/06(Fri) 16:39 | URL  | たつき #I4FKdcM2[ 編集]
こんにちは。
書いてよかったと思いますよ!
こういうことを文章にするの、とても勇気がいるけど、大事なことだと思います。

「思い」、、、すごく伝わりましたよ。
きっと、いいイベントになると思います♪
2009/11/06(Fri) 10:02 | URL  | RISAKO #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/06(Fri) 09:54 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/06(Fri) 08:52 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック