物語をつけたアクセサリーを製作しています。 ただ一つの世界を楽しんでください。(旧・日常の小部屋)
私が会員に入っているレンタルショップは、カバー曲のアルバムがすごく豊富。
ジャケットもカラフルなのも多く、見ていて楽しい時間を過ごせます。
原曲も好きですが、カバーだと違ったリズムや声で新鮮な気持ちで聞けたりします。

以前、カバーコーナーを探していて、パッと目に入ったのが「あのうた」とあのうた2」というCDでした。
昔のアニメの主題歌やエンディング曲をボサノバなどの曲調でアレンジしてあります。
ジャケットもキュートで私的には好きなイラストです。
(画像がないので、下記リンク先で見てみてください)


Amazonで視聴できます。
お暇な方、原曲との違いを楽しんでみられてはいかがでしょうか。
あのうた

私の好みですが、一番違いを楽しめたのは「恋の呪文はスキトキメキトキス」(さすがの猿飛)でした。
ちょっとおとなしめなリズムですが、原曲よりこっちの方が好きです。
姫も好きな1曲です。




あのうた2


聞いてびっくりしたのは「愛をとりもどせ!! 」(北斗の拳)。
この原曲は、結構ハードですよね。
でも、こちらはかなりムーディーです!
私は、どちらかというとカバーのリズムや歌い方の方が好きです。
部屋でかけてても安心して聞けます。



この2枚は、今の製作の友になってます。
癒される声を聞いて作ると、気持ちも優しくなります。

昔を懐かしみながら、視聴してみてください。
今週は、沈みっぱなしの1週間でした。
腹の立つことが1つ、凹む事が1つ。

「なんで!?」と腹が立ち苛立ちが頭に心にと駆け巡り、その後は「仕方ない。きちんと理解していなかった自分が悪い」と沈んで、何もする気が起きなかった1日を過ごしたりもしました。

昔は、人に何か褒められても「どうせ私なんか」と拒否ぎみだったのですが、最近は「褒められた事には素直にありがとうという気持ちで受け止めよう」と努力してきたのですが、それが今回仇になりました。
プチ人間不信になりかけましたが、私を理解して励ましてくれる友達が回りにいてくれてよかった。
今は、ずいぶん自尊心も回復してきてます。

社交辞令は危険ですね。
使い方を誤ると大事な所で傷つきます。
スルーできる挨拶程度の社交辞令はまだいいでしょうけど、持ち上げて落とされるのはかなり酷です。


少しだけ「辞めちゃおうかな」なんて気持ちが頭をもたげましたが、やっぱりこれからも頑張って作品を作っていきます。
物作りが大好きな自分自信のために、私の作るものを好きだと思ってくれる人たちのために、これから作品を通して巡り会えるであろう出会いのために。




スポンサーサイト


追記を閉じる▲
今週は、沈みっぱなしの1週間でした。
腹の立つことが1つ、凹む事が1つ。

「なんで!?」と腹が立ち苛立ちが頭に心にと駆け巡り、その後は「仕方ない。きちんと理解していなかった自分が悪い」と沈んで、何もする気が起きなかった1日を過ごしたりもしました。

昔は、人に何か褒められても「どうせ私なんか」と拒否ぎみだったのですが、最近は「褒められた事には素直にありがとうという気持ちで受け止めよう」と努力してきたのですが、それが今回仇になりました。
プチ人間不信になりかけましたが、私を理解して励ましてくれる友達が回りにいてくれてよかった。
今は、ずいぶん自尊心も回復してきてます。

社交辞令は危険ですね。
使い方を誤ると大事な所で傷つきます。
スルーできる挨拶程度の社交辞令はまだいいでしょうけど、持ち上げて落とされるのはかなり酷です。


少しだけ「辞めちゃおうかな」なんて気持ちが頭をもたげましたが、やっぱりこれからも頑張って作品を作っていきます。
物作りが大好きな自分自信のために、私の作るものを好きだと思ってくれる人たちのために、これから作品を通して巡り会えるであろう出会いのために。




スポンサーサイト

【2009/09/12 18:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック