FC2ブログ
物語をつけたアクセサリーを製作しています。 ただ一つの世界を楽しんでください。(旧・日常の小部屋)
「地球の歌」
この曲と出会ったのは、中学生の時に毎週聞いていたラジオでした。
お金が無いので、ラジオでかかる曲を片っ端からダビングしていた時に入っていた1曲です。
聞いた時に、情景が浮かぶ歌詞と幻想的なメロディに衝撃が走った事を覚えてます。
誰が歌っているかも、何て曲名かもわからず曲だけが手元に残り、それがクレヨン社というユニットが歌っている「地球の歌」だと知ったときには、CDは絶版になった後でした。

数年前に長い活動休止を終えてクレヨン社としての音楽活動をはじめたらしく、CDも発売されて近々欲しいなと思ってます。


歌詞、HPで紹介されていたので、こちらでも掲載させて頂きます。



地球の歌
青空は海を映す鏡 波に似た雲が流れる
海の底で貝が見る夢は 蝶に生まれ変わり空へ

  果てしない時の海を 旅する青い船よ
  人は地球の歴史の中のわずかな流れ

遠い山は幾重のもうねり 叫べばこだまが返る
深く深く呼吸をしたなら 季節の味がするだろう

  この大きな木は はるかな昔からここにあるよ
  大地の声を聞こう 何かを語るだろう

物言わぬ花さえも地球のルールとリズムを知ってる
失いゆくものの重みに 人だけが気付こうとしない

花の色は命を歓び 希望の色に輝く
萌える若葉に鳥が歌えば 子供は笑顔になるよ

澄んだ水がキラキラ流れて 小さな魚が跳ねる
冷たくおいしい水を汲んで 子供たちの手へそそごう
あるがままの地球の姿を 子供たちの手へ・・

朝日は世界を黄金に染め 夕日は紅に染める
たなびく雲よきらめく風よ 永遠に地球を廻れ

あるがままの地球の姿を
子供たちの手へ・・・・・・・・





クレヨン社のファンの方がブログで、「この歌詞は、発売された当初は『未来はこうあって欲しい』という願いでしたが、今は『こうあって欲しい』という祈りに変わったように思います」と書かれてありました。
私も、同じ気持ちです。
便利になりすぎて、完全に昔に戻るのは難しいけど、ちょっとした我慢とちょっとした工夫で住みやすい環境へと変わって貰えればと願います。



スポンサーサイト




FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:音楽

【2009/09/04 17:38】 | お気に入り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック