物語をつけたアクセサリーを製作しています。 ただ一つの世界を楽しんでください。(旧・日常の小部屋)
今日は本屋で、私が探していた本をようやく見つけて買ったので、姫にもひとつパズルを買いました。
55ピースのリカちゃんのパズル。
55ピースだから、姫にはまだ早いかなと思ったのですが、これからも使う事を考えて決断。

家に帰ってから、パズルがしたくてソワソワ。
ご飯もソコソコにパズルを始める姫。
でも、端っこのピースたちを数個探してそれからわからなくなってしまったらしい。
「はじめに写真を撮っておけばよかった」とちょっと後悔。

「端っこを探してやるといいんよ。真っ直ぐになってるの探そうか」
といっても、姫は真っ直ぐになっているピースがわからない。
一つずつ見せて、「これはまっすぐなとこある?」と聞きながら違うかどうかを自分で判断させます。
全部見せて、自分が選んだピースをはめていき、また同じことを繰り返して端のピースを探します。
延々それを繰り返すのですが、やはり最後のほうではイライラしちゃって・・・。

大人がこれはここよ、あれなここよと教えてはめさせるのが一番早くて簡単なのですが、なるべく形を見ながら選ぶという肯定を経てもらいたいと思うと時間がかかりますね(汗
教えるって難しい・・・・。
どうやったら、その子が理解できるのかの糸口がまったくわからなくって・・・。


でも、姫は根気良く最後まで半べそかきながらも自分ではめていきました。
出来上がったときには、二人でバンザイ!
「すごいね!これ、姫ががんばってやったんだよ!よくできたね!」とハグ。
涙目だったけど、照れくさそうに笑ってました。


完成したパズルを写真に撮ってプリントアウトしたので、次はその写真を見ながら一緒に探そうと思います。
次は、もっとスムーズに&イライラしないで向き合えそうです(笑
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

【2009/06/28 21:09】 | 姫の事
トラックバック(0) |

お返事
たつき
八代の大工さんへ
私も、オセロが苦手でした(笑
確かに、この年代は出来る事と出来ない事に個人差がありますよね。
デコボコしているタイプのジグソーパズルは出来るので、子供用は簡単だろうと踏んでいたのがいけなかったです。
「無理せんでいいよ」とか「また後やろう」と言っても、泣きながら「イヤだやる!」と言います。
根気があるのか、頑固なのか・・・。
次回は楽しみながら出来るように、方法を変えてみます。
ありがとうございました。


No title
八代の大工
娘の幼いころを、懐かしく思い出しました。
オセロと一緒で、角が重要なのですが、我が家の場合はほったらかしで、妻が幼稚園教諭だったこともあったのかもしれませんが、この年齢の個人差は非常に大きいようで、できない場合は、ちょっとアドバイスして、それでできなくてもOKというのです。「そのうち、びっくりするほど変わる」らしく、それをあせって強要すると、子供にストレスがたまるとか。 なんとなく納得してました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お返事
八代の大工さんへ
私も、オセロが苦手でした(笑
確かに、この年代は出来る事と出来ない事に個人差がありますよね。
デコボコしているタイプのジグソーパズルは出来るので、子供用は簡単だろうと踏んでいたのがいけなかったです。
「無理せんでいいよ」とか「また後やろう」と言っても、泣きながら「イヤだやる!」と言います。
根気があるのか、頑固なのか・・・。
次回は楽しみながら出来るように、方法を変えてみます。
ありがとうございました。
2009/06/29(Mon) 09:33 | URL  | たつき #I4FKdcM2[ 編集]
No title
娘の幼いころを、懐かしく思い出しました。
オセロと一緒で、角が重要なのですが、我が家の場合はほったらかしで、妻が幼稚園教諭だったこともあったのかもしれませんが、この年齢の個人差は非常に大きいようで、できない場合は、ちょっとアドバイスして、それでできなくてもOKというのです。「そのうち、びっくりするほど変わる」らしく、それをあせって強要すると、子供にストレスがたまるとか。 なんとなく納得してました。
2009/06/28(Sun) 22:08 | URL  | 八代の大工 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック