物語をつけたアクセサリーを製作しています。 ただ一つの世界を楽しんでください。(旧・日常の小部屋)
ハンドメイドの話がほとんど出ませんが、地道に作ってるんですよ。。。。
フェルトばっかりですが。
それ以外のハンドメイドのネタを投下です。

年を重ねるごとに仮装にも熱が入るハロウィン。
我が家も私と娘が仮装が大好きです。
私は作り、娘が着るを担当しております。
この日はいつもと変わった格好をしていても後ろ指をさされない貴重な日です。


地元では有名なお菓子祭りの仮装コンテスト。
昨年は法要のために行けなかったのですが、今年は参加ができそうなので二人で喜びました。
娘に、「今年は何にしようか??今まではアリスとかプリンセス系が多かったから今回はハロウィンに忠実にダーク系でいきたいんだけど、魔女か悪魔っ子はどうかな??」と問うと、「悪魔っ子がいい!!」と即答でした。
母は魔女が良かったので残念です。

どんな感じにするか、イメージを絵にしたり妄想したりしてコツコツ作ります。

今年のコンセプトは、、、、、
☆なるべく出費は避ける!
☆100均はフルに活用!
☆ミシンなどを使わずなるべく難しく作らない!
☆手間と愛情は惜しまない!
です。

なにせ私が作るものですから、クオリティが低い部分もありますが、そこは目をつぶっていただきたい。。。。



長い前置きでしたが、作ったものを紹介です。
まずは、悪魔っ子の翼

IMAG21961.jpg


骨組みを針金で作っているので稼働式です。
IMAG21951.jpg


フェルトで作る案もあって、見た目はそちらの方が可愛かったのですが、光沢がある布でこうもりっぽく作ってみたかったのでこちらを採用。
来年はもっと上手く作ります。

細部の出来はイマイチですが、娘は気に入ってくれたみたいでノリノリでつけてくれました。
いや、、よかった、よかった。


出来上がり過程は追記にて。。。。
お暇な方はどうぞ。



ハンドメイド雑貨La fleurさんのネットショップに作品を掲載していただいてます。
lafleurbanner1.gif
アクセサリーを一部ですが半額に値下げしました。




ランキング参加中です。
お帰りの際にクリックしていただけるとうれしいです
ものすごく不親切でざっくりな出来上がるまでの過程をご説明。

どんな感じの翼にするかイメージを描きます。
IMAG21871.jpg
今回は広告の裏を使って描きました。
両翼を一気に描いてもいいのですが、同じように仕上げる自身がないので、片方ずつ作ることにしました。


今回使う針金は、アルミワイヤーの3mm。
IMAG21891.jpg
3mmも細かいところを曲げようとすると上手く曲がらないのですが、2mmより型崩れがしにくいのでこちらにしました。


描いた型紙に沿ってわいやーを曲げていきます。
IMAG21901.jpg
ワイヤーの長さも足りないので、片方ずつ製作。


それをセロハンテープでまとめます。
IMAG21911.jpg
けっこうぐるぐる巻きです。


できた翼の線にそって印をつけ、それより少し大きめに切り取っていきます。
IMAG21921.jpg
布は、100均のはぎれを使用しました。
裏地用は薄すぎるので、それよりも厚めがおすすめ。
今回は何種類かあった黒から光沢のあるものをチョイス。


黒のグルーを使って、地道に貼り付けていきます。
IMAG2193.jpg
カーブなどは、布に切込をいれて少しずつワイヤーにくっつけていきます。
片面をしてるとき、アクセの時の感覚でどばっと出して付けてたのですが、デコボコが目立って失敗でした。
水のりを塗る感覚で、薄く1~2cmずつ進めると薄く綺麗に付けることができます。



かるえるようにしたかったので、透明のブラストラップを利用します。
IMAG21941.jpg


娘の背中に合わせて微調整して完成です。
IMAG21971.jpg
140cmの娘には、この方法は今年がギリギリです。
後から写真より、手直しをしてストラップを端に寄せました。
もっと楽にしたいなら、翼をもっと大きくする必要がありそうです。


来年、仮想を手作りする人の参考になれば幸いです。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ものすごく不親切でざっくりな出来上がるまでの過程をご説明。

どんな感じの翼にするかイメージを描きます。
IMAG21871.jpg
今回は広告の裏を使って描きました。
両翼を一気に描いてもいいのですが、同じように仕上げる自身がないので、片方ずつ作ることにしました。


今回使う針金は、アルミワイヤーの3mm。
IMAG21891.jpg
3mmも細かいところを曲げようとすると上手く曲がらないのですが、2mmより型崩れがしにくいのでこちらにしました。


描いた型紙に沿ってわいやーを曲げていきます。
IMAG21901.jpg
ワイヤーの長さも足りないので、片方ずつ製作。


それをセロハンテープでまとめます。
IMAG21911.jpg
けっこうぐるぐる巻きです。


できた翼の線にそって印をつけ、それより少し大きめに切り取っていきます。
IMAG21921.jpg
布は、100均のはぎれを使用しました。
裏地用は薄すぎるので、それよりも厚めがおすすめ。
今回は何種類かあった黒から光沢のあるものをチョイス。


黒のグルーを使って、地道に貼り付けていきます。
IMAG2193.jpg
カーブなどは、布に切込をいれて少しずつワイヤーにくっつけていきます。
片面をしてるとき、アクセの時の感覚でどばっと出して付けてたのですが、デコボコが目立って失敗でした。
水のりを塗る感覚で、薄く1~2cmずつ進めると薄く綺麗に付けることができます。



かるえるようにしたかったので、透明のブラストラップを利用します。
IMAG21941.jpg


娘の背中に合わせて微調整して完成です。
IMAG21971.jpg
140cmの娘には、この方法は今年がギリギリです。
後から写真より、手直しをしてストラップを端に寄せました。
もっと楽にしたいなら、翼をもっと大きくする必要がありそうです。


来年、仮想を手作りする人の参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

【2015/10/29 00:44】 | ハンドメイド
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック