物語をつけたアクセサリーを製作しています。 ただ一つの世界を楽しんでください。(旧・日常の小部屋)
「アートアクアリウム展~広島・金魚の祈り~その③」


大奥のお向かいにあるのが、金魚の聖母。
アクアリウム2


赤い鉢は、金魚の尾ひれのようです。
アクアリウム

表面張力を利用しながら少しずつ水を外に流していき、金魚が泳いでも波立たない作りになっているんですって。
アクアリウム3
このエリアの作品は、さながら世継ぎを育てる大奥の乳母システムのようでした。

この金魚の聖母、上から眺めていてまるで張り店のようだという印象も。
時代劇でもありますが、遊郭で男性が女性を品定めするために作られた格子のついた部屋に並ぶ女性のようだなと。
たぶん、作品を見ているひとたちも含めてひとつの作品と見ていたせいもあります。


全体を通して、いろんな金魚や鯉を見られてとても充実した時間を過ごせました。
なかなか、身の回りでは気軽に出会えない金魚もいたりして、交配をがんばられた方たちの努力と苦労を思うとすごいという言葉しか出てきません。

それと同時に、囲われて生きる。それもひとつの芸術である。と、いろんなものが綯交ぜにる気持ちもありました。
またいつか、近くで開催された時には見に来たいなあ。。。
妖艶と刹那と癒しを堪能するために。



ハンドメイド雑貨La fleurさんのネットショップに作品を掲載していただいてます。
lafleurbanner1.gif
アクセサリーを一部ですが半額に値下げしました。




ランキング参加中です。
お帰りの際にクリックしていただけるとうれしいです

スポンサーサイト

【2015/09/17 13:42】 | お出かけ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック