FC2ブログ
物語をつけたアクセサリーを製作しています。 ただ一つの世界を楽しんでください。(旧・日常の小部屋)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、姫と一緒にホットプレートでホットケーキを作りました。
ココアの生地を作って絵を描いてみました。


名称未設定 1

お絵かきって難しいですね。
下の小さな2枚は、姫が一生懸命お絵かきした(搾り出しただけ??)ホットケーキです。
姫の作ったケーキ、もっと沢山あったのですが・・・。
作っていくはしから食べちゃうので、結局2枚しか残りませんでした
おいしそうに食べてくれたから、まいっか・・・。
明日は一緒にガトーショコラを作ります。

姫は、果物も生クリームも苦手なので、ケーキ屋さんのを購入というわけにいかなくて・・・。
私の作るガトーショコラは、ガッツリ食べてくれます。
「また、作ってね」
と言われるととってもうれしくなります。


明日はイブ。
サンタさん、来てくれるといいね。
何歳まで、サンタさんにお願いしてくれるかな?
ママとパパのサンタさんは、姫です。
1年に1度もらえるわけではないけど、成長と共に姫といろんな事を体験して、笑顔を見れて1年中ギフトをくれる小さなサンタさんですよ。

来年も、沢山の成長をみせてね。




皆さんは、サンタさんって何歳ごろまで信じてました?

クリスマスに、枕元にあるプレゼント。
今大人になっている方々は、子供の頃にワクワクしながら寝ていたのではないかと思います。

私も妹も、世間で言う「クリスマスプレゼント」をもらった事がありません。
何も貰わなかったのではなく、おもちゃでなかったというべきなのかも・・・。
我が家に置かれているプレゼントは、毎年同じです。
変わるのは、メッセージカードの絵柄だけでした。

朝起きてあるものは、スーパーで売られているお菓子が入った長靴とメッセージカードと、ティッシュに包まれた現金でした。
カードの字は、見間違える事のないほどのクセ字の父のもの。
ものすごくショックだった事を覚えてます。
メッセージカードには

「何がいいかわからないので、これで好きな物を買いなさい」

子供ながらに、「私の事興味ないんだな」みたいな事を思った記憶があります。
それでも、親に気を使って、
「サンタさん、お菓子持って来てくれたよ!」
なんて、わざとうれしがってました。

当時、姫より1つ上だった妹は、4歳でプレゼントは「現金」です。
かわいそうでなりませんでした。



私は楽しむことが出来なかったクリスマスプレゼント。
姫には思う存分「わくわく」してもらいたいな。
前にも書いたかもしれませんが、姫と一緒に年間行事・幼稚園の行事を楽しむことによって、子供の自分が出来なかった事を追体験しているんだと思います。

家族の事で我慢することが多かった、結婚する前の私。
パパと結婚して、人生をやり直した気がします。
自分の考えを言える場所と、それを受け止めてくれる人がいるっていいですね。
がんばって生きててよかった。
パパと出会って、姫が生まれてよかった。
友達の輪もどんどん広がって、
ハンドメイドしていてよかった。
自分を認めてもらえるって、とっても心が温かくなります。


話がそれちゃって、ダークな話になってすみません。
ずっと、オープンに出来なかった部分を少し書くことができるようになって、私としては心が軽くなった気がします。


イベント等でお世話になった皆さん。
お友達。
作品を購入してくださった皆さん。
創作を応援してくださっている皆さん。
ブログを見てくださっている皆さん。
今年もありがとうございました。

来年もがんばります。
そして、これからも末永く皆さんよろしくお願いします。
明日・明後日、良いクリスマスをお過ごしください。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
皆さんは、サンタさんって何歳ごろまで信じてました?

クリスマスに、枕元にあるプレゼント。
今大人になっている方々は、子供の頃にワクワクしながら寝ていたのではないかと思います。

私も妹も、世間で言う「クリスマスプレゼント」をもらった事がありません。
何も貰わなかったのではなく、おもちゃでなかったというべきなのかも・・・。
我が家に置かれているプレゼントは、毎年同じです。
変わるのは、メッセージカードの絵柄だけでした。

朝起きてあるものは、スーパーで売られているお菓子が入った長靴とメッセージカードと、ティッシュに包まれた現金でした。
カードの字は、見間違える事のないほどのクセ字の父のもの。
ものすごくショックだった事を覚えてます。
メッセージカードには

「何がいいかわからないので、これで好きな物を買いなさい」

子供ながらに、「私の事興味ないんだな」みたいな事を思った記憶があります。
それでも、親に気を使って、
「サンタさん、お菓子持って来てくれたよ!」
なんて、わざとうれしがってました。

当時、姫より1つ上だった妹は、4歳でプレゼントは「現金」です。
かわいそうでなりませんでした。



私は楽しむことが出来なかったクリスマスプレゼント。
姫には思う存分「わくわく」してもらいたいな。
前にも書いたかもしれませんが、姫と一緒に年間行事・幼稚園の行事を楽しむことによって、子供の自分が出来なかった事を追体験しているんだと思います。

家族の事で我慢することが多かった、結婚する前の私。
パパと結婚して、人生をやり直した気がします。
自分の考えを言える場所と、それを受け止めてくれる人がいるっていいですね。
がんばって生きててよかった。
パパと出会って、姫が生まれてよかった。
友達の輪もどんどん広がって、
ハンドメイドしていてよかった。
自分を認めてもらえるって、とっても心が温かくなります。


話がそれちゃって、ダークな話になってすみません。
ずっと、オープンに出来なかった部分を少し書くことができるようになって、私としては心が軽くなった気がします。


イベント等でお世話になった皆さん。
お友達。
作品を購入してくださった皆さん。
創作を応援してくださっている皆さん。
ブログを見てくださっている皆さん。
今年もありがとうございました。

来年もがんばります。
そして、これからも末永く皆さんよろしくお願いします。
明日・明後日、良いクリスマスをお過ごしください。
スポンサーサイト

【2008/12/23 22:26】 | 姫の事
トラックバック(0) |

お返事
たつき
kimieさんへ
ありがとうございますv-398
kimieさんご家族もステキなクリスマスをお過ごしくださいね。
息子さんの怪我が早く治るように祈ってます。
メリークリスマスe-234


メリークリスマス
kimie
娘ちゃんの姫ちゃん、
たつきさんファミリーにとって
素敵なクリスマスになりますように。
メリークリスマス!!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お返事
kimieさんへ
ありがとうございますv-398
kimieさんご家族もステキなクリスマスをお過ごしくださいね。
息子さんの怪我が早く治るように祈ってます。
メリークリスマスe-234
2008/12/24(Wed) 20:06 | URL  | たつき #I4FKdcM2[ 編集]
メリークリスマス
娘ちゃんの姫ちゃん、
たつきさんファミリーにとって
素敵なクリスマスになりますように。
メリークリスマス!!
2008/12/24(Wed) 13:24 | URL  | kimie #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。