物語をつけたアクセサリーを製作しています。 ただ一つの世界を楽しんでください。(旧・日常の小部屋)
今さらながらなお話ではありますが、備忘録ということでお付き合いください。

9月の秋晴れの土曜日に、娘の通う学校で運動会が開催されました。
運動会の席とりの途中で空を見上げると、ゴールテープのような飛行機雲が。。。。。



少し暑かったけど、運動会日和な一日でした。

今年、娘は応援団に入り、放課後残って練習したりして頑張ってました。
最初に応援団に入ったと聞いた時には、それはもう夫婦でびっくりしましたよ。

声も小さいし運動ができるわけでもない娘が、大声を出すのが仕事の応援団をやっていけるのだろうか。
みんなに迷惑をかけないだろうかと心配もしましたが、練習を通して人前でも大きな声を出せるようになってきて、自分で入りたいと行動を起こしがんばることで、彼女にとっても成長に繋がっていったみたいです。

娘を昔から知ってるお母様方からは「意外!!」「誰かに誘われたの?!」「あの大人しかった娘ちゃんが・・・・」とコメントをいただきまして。。。。
うん、わかるよ。
そんなイメージだもんね。
(でも、家ではよくしゃべってるのよ)
私も心配したぐらいだし(笑)
でも、みんな「積極的になってきてよかったね」と娘の変化を応援して下さる方が多くて、とても有難いです。


運動会も無事終わり、娘の競技も係の様子もカメラに納め、今年も大変ではあったけど充実した運動会を終えることができました。
後日、写真何枚撮ったかなあ~とファイルを開いてフォルダにコピーすると、「335枚コピー」の文字が。。。
ん??
335枚??
え!?そんなに!?
娘のだけじゃなく、お友達のリレーやら徒競走やらを連写で撮っていたので、いつも以上に多くなっちゃったんですね。。。。

これから、写真編集が大変だなあ。。。。
ゆっくり、時間をみて画像編集に勤しみます。。。。



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ある日のできごと - ジャンル:育児

【2015/10/08 16:02】 | 姫の事
トラックバック(0) |
予定されてるイベントも終わり落ち着いたので、娘との約束を果たしていこうと思ってます。





この布を使って、とあるものを作ります!
布は私がピックアップしたものから娘がチョイス。
ピンクでロリータちっくな所がなんとも娘らしいです。

私の苦手なミシンとの直接対決!
すでに型紙写す段階でへこたれてます( ;∀;)
がんばれ!私!




ハンドメイド雑貨La fleurさんのネットショップに作品を掲載していただいてます。
lafleurbanner1.gif
アクセサリーを一部ですが半額に値下げしました。




ランキング参加中です。
お帰りの際にクリックしていただけるとうれしいです



FC2blog テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

【2015/05/22 13:12】 | 姫の事
トラックバック(0) |
先月のお話をこの年の瀬に持ち込んでしまいますが、先月、娘満7歳の七五三のお祝いをしました。
以前から、娘の記念の日にぜひ写真を撮ってもらいたい!と思っていたPhoto Office MOTHERLEAFの美沙さんに娘の撮影をお願いしました。

お会いするのはデジカメ教室以来。
でも、私のことを覚えていてくださってとても嬉しかったです。
撮影当日、雨のち晴れ。。。
朝から雨。。。
昼から晴れるってほんと??って不安に思っていたら、待ち合わせの時間までに雨やみました。
しかも晴れ間も見えて、お会いしてからみんなで「すごいですね!晴れましたよ!」って笑いました。

神社に入るところからその様子を撮影してくれました。
祈祷も済ませ、娘にもいろいろポーズを撮ってもらったり、家族3人の様子も撮っていただきましたよ。
いつも私が撮影係なので、自分の写っている写真がすごく新鮮でした。

撮影風景を撮らせていただきました。

P1040945.jpg

パパと、「あのカメラすごいね!」「レンズ大きい!」「おお!レフ板!!」とかこそこそ話してました(笑)

娘もノリノリでポーズ(笑)

P1040962.jpg

出来上がった写真を見て、「こんな表情するんだ~。」と新たな発見もありました。
ほんとうに娘の良いところをいつも見ている親以上に引き出して撮影してくれて、蕩けるような写真の綺麗さにデータをみながらうっとりです。


この時の撮影の出来上がりが。。。。
P1040950.jpg



こちらです。
121117_164.jpg

うはぁ~~~!蕩けるうう~~~!!
写真って、出来上がりの好みが分かれるところでしょうが、周りがボケて浮き上がったような写真の雰囲気が好きな私には、もうこの雰囲にうっとりです。

ほんとは、いろんな娘の素敵な写真を撮ってもらってるんです。
モザイクなしでここに載せる勇気もなく、モザイクかけちゃうと雰囲気が台無しな写真になってしまうので、泣く泣く諦めました。

今回、Photo Office MOTHERLEAF さんにお願いしてよかったです。
とても良い記念になりました。
ありがとうとざいます!
また、記念日の時にお願いしたいです。

FC2blog テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

【2012/12/30 23:43】 | 姫の事
トラックバック(0) |
今日、寝る前に「〇ちゃんにミジュマル(娘が弟と称するポケモンのぬいぐるみ)より、生き物の方が大事よ!」って言われたと話してくれた。

母「そっか~、生きてるものみんな大事よ。でも、それだけじゃちょっと足らんよね」

って返して、お布団の中で少しお話しました。



長い会話文になりそうなので、時間のある方は続きからどうぞ。
母「命あるものはみんな大事よ。それは正解。
  でも、命がなくても大事なものはたくさんあるよね。
  〇ちゃんちはペットがいるでしょ?
  命を育てるのって、すごく大事な事よね。
  姫のお家には、ペットはおらんね。
  でも、学校で譲ってもらったおたま(じゃくし)ちゃんたちを
  生き物苦手な姫が一生懸命育ててたの知ってるよ。
  家の中でも暑くて夜の間に死んじゃって、姫が自分を責めて
  わんわん泣いてたこともちゃんと覚えてるよ。

  姫が生き物を大事にしてないんじゃなくて、今お家にいないから
  大事にできるのはどこかで出会う命になるよね。


  物には、生き物みたいに命はないでしょ?
  でもね、物には気持ちが宿るんだよ。
  大切にかわいがってあげれば、きれいな気持ちが物に
  入るんよ。
  人の悪口言ったり馬鹿にしたら、その気持ちが物に入るんよ。
  ママは、命のないものも大切にして、きれいな気持ちが
  入ってくれたらいいなって思うよ。
  姫はどっちがいい??」



姫「姫は、ミジュマルっを大事にして、
  きれいな気持ちのミジュマルになってもらいたい」


母「そうね。きれいな気持ちが入ったら、
  きっと姫の心を助けてくれるミジュマルになるよ」



母「姫、おおきいおばあちゃんが子供だった頃はね、
  いろんな所に神様がいたんだよ。
  ほら、、千と千尋みたでしょ。
  川の神様や大根の神様。
  お鍋や箒や池にも木にも海にもそれぞれの神様が
  住んでてね、みんな神様を大切にするように自分の
  身の回りにあるものに感謝しながら生活してたんよ。

  ママも、神様見てみたいなあ~。
  神様たちに囲まれて、生活できるって素敵ね。」


姫「姫も神様見てみたい!
  神様たくさんいたら楽しいね。
  姫は、いろんなのを大事にする」


母「そうね。でも、ため込むのもよくないよ。
  もう役目を終えたものは、『今まで一緒にいてくれて
  ありがとう』って気持ちで、手放そうね。
  そしたら、きっと物の神様は優しい気持ちになって
  くれると思うよ」







物には念が宿るって、よく聞きますよね。
ああそうだなって思うことも多々経験してきました。
イヤ~なものって、まるで年粘度の高い黒いものがまとわりつくみたいな。。。
私の妄想かと思ったりもしたのですが、頭の中で見えたことが起こってた事実を知ると、「人の念ってここまでくると映像で出てくるのか」と怖くなった事が何度かあります。

命あるものを大事にするのは人としての大前提。
たかが物。
されど物。
物が多いか少ないかではなく、それを使う気持ちが大事なのだと思います。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児

【2012/08/30 23:09】 | 姫の事
トラックバック(0) |

お返事
たつき
porolさんへ
お返事が遅れてすみません。
porolの作品、どれもとても素敵です。
物作りををしていると、一つの平面や粒が形を成して何かに変わっていく様をみると、命が生まれたような錯覚を起こしたりしませんか?
(私の変な妄想かもしれませんが)

手放す時が一番気持ちがいる気がします。
娘も、手にれて手放してを繰り返して、いろんな事を学んでいってほしいです。



porol
命の無いもののはじまり、終わり、大事にしている時間、ものを手放すタイミングに迷うおとなが聞いてもほっとしそうな…
小さな女の子のこころにきっと響いていると想像出来ました。


コメントを閉じる▲
先日の28日に、娘が7歳の誕生日を迎えました。
この日は、娘リクエストのハンバーグ。
クマさんとウサギさんの形にチャレンジ。
美味しいと食べてくれると、とてもうれしくなります。
その後はみんなでケーキを食べて、毎年変わらない流れ。
でも、年に一度の大切な日。
産まれてくれてありがとう。
大きくなってくれてありがとう。
この一年で、できない事も出来るようになったり、いろんな事にチャレンジしたね。
また、これからの一年もいろんな事を感じて考えて、成長していって欲しいな。


毎年誕生日には、陣痛が始まってから産まれるまでの話を娘にします。
パパとママの間に挟んでぎゅってしながら話す、一年に一度の恒例行事。
そして、娘の名前の意味も話します。
誰の名前にも意味があります。
漢字から意味を考えたり、雰囲気が好きだからって付け方もあるかも。
でも、どの名前も産まれて貰い、死するまでずっと共にある親からの初めてのプレゼント。
その名前を好きだと言ってもらえる事は、親にとってものすごく幸せな事です。



先日、子供たちの会話を聞いていて、名前をもじったり違う名前を付けあったりしてました。
日頃は仲良く遊んでいますが、たまに意地悪な芽が吹き出したりします。
中には女の子でも辛らつな名前を他の子に付けたがります。
娘も「カス」とか「ブタ」とか言われてました。
窓一枚の外の会話。
流れから細かいことまでまる聞こえです。
(離れた窓は網戸だったので、反響してよく聞こえます)
言ってる子は、悪いとは思ってはいないでしょう。
だって子供ですもの。
誰でも通る道で、避けては通れなくて、この年齢には当たり前の事。
でも、大人ならスルー出来る事も、子供はそうはいかないものです。
そこまで考えては言っているわけではない事もわかっていますが、それはそれで問題です。


さて、娘はこういうときどうするのかな?って思って様子を見ていると、
「私の名前はそんな名前じゃない!
パパとママがプレゼントしてくれた大事な名前なんだから、ちゃんと呼んで!」
と反論。
意外と頑張ってました。
相手の子は「はあ?何言ってんの?」って返してましたが。。。
あまり子供の会話には出て行きたくはないのですが、今度同じ場面に遭遇したら説教です。
「名前とはなんぞや」と。

これは自論ですが、名前は当人だけのものではないと思います。
名前には、つけてくれた人の願いと希望が詰まってます。
こんな人生を歩んで欲しい。
こんな人になって欲しい。
誰の名前もそうです。
それを文字ってバカにするという事は、それをつけてくれた人たちも一緒にバカにしていることのように思います。
その事は、知らなくても生きていけますし人生に何の支障もないでしょう。
でも、知ることによって生まれる考えや感情もあります。

私は、自分の名前も苗字も嫌いでした。
からかわれ、バカにされ毎日嫌な思いで学校へ行っていたんです。
自分が子供の頃に、名前について考える事が出来てたら、きっともっと名前に誇りを持てた気がします。
一生ものですから、どうせなら好きになってもらいたい。
万人がその意味を理解し「ステキ」だと言わなくても、自分が理解できていれば、もっと好きになれると思います。
相手の名前も自分の名前も、愛情持って呼んで欲しい。
そんな風に思うのは、私のエゴでしょうか?
娘には名前を好きになってもらいたいし、周りにいる子にも自分のルーツを知る機会があればいいなと思います。


う~ん、なんか説教くさくなりましたね。。。。
長文失礼しました。






FC2blog テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

【2012/03/30 10:53】 | 姫の事
トラックバック(0) |

お返事
たつき
あこりさんへ
ご無沙汰です。
お返事遅れてごめんね。
ちょっと旅に出てました。
名前って、考えてみるといろんなエピソードがあるよね。
自分の名前が好きになるなら、勝手に思いこんでてもいい気がします。
私の説教姿、目に浮かぶようでお恥ずかしいσ(^_^;

エンジェル・オブ・コンフォート、いいでしょ( ´艸`)
いろんなタイプの天使さんや妖精さんがいるから、サイトを眺めるだけでも、癒されるよ~。

おひさしぶりです。
あこり
だいぶ久しぶりにたつきさんのblog拝見しました。
名前って、色々詰まってるんですよね。
というか、自分が親になってから余計名前については考えるようになりました。
こどもの頃は…あんまり考えなかった…というか気づけていないというか。
私の名前は祖父がつけたらしいですが、由来は不明です(笑)
私も勝手に「おじいちゃんはこういう意味でつけたに違いない」と解釈をつけています(*´∀`)

こどもは辛辣ですよね。
私はいつも言葉に詰まってしまいます…ボキャ貧で(;^_^A
たつきさんが説教する姿、想像出来て少し笑ってしまいました。

あと、数日前のエンジェル・オブ・コンフォート!
すごい好みな色合い!!そしてお顔!
ちょっと欲しくなってしまいました~ヾ(´囗`)ノ


お返事
たつ
rararaさんへ
名前で呼ばれているんですね。
各家庭でお互いの愛称は違うでしょうから、自分たちが良しとする呼び方があって素敵だと思います。

息子さんの名前、たくさんの願いと希望が詰まっているんですね。
名は体を表すといいますが、きっと優しい男性に育ってくださると思います。

私の本名は、親に聞いたら「響きが好きだったから」漢字の由来を聞いたら「適当」だと言われたので、勝手に自分で辞書で調べて名の由来を自分でつけるという荒業を使いました。
天から助けをもらえるという意味を持つ漢字だそうです。
祐の字は、それを知ってから好きになりました。
名前って、奥が深いですね。



rarara
こんばんは
名前・・・
うちの子は家では ママですが さすが人前では恥ずかしいらしく
でも なかなかお母さんが出てこず・・・
名前で呼ばれてます。
親を名前で呼ぶなんて 怒らないの??って聞かれることもあるけど
私自身 母を名前でよんでるし
違和感なくって・・・
私も 息子の名づけの由来 ことあることに伝えてます。
夫は 優しい子
私は 男の子らしく勇気のある子
名は ゆうき    優貴  にしました。


コメントを閉じる▲